O脚は腰痛などのも原因とも考えられているようですが、腰痛の原因はおもに骨盤の歪みにあります。O脚になったから骨盤が歪んで腰痛にもなるのか、骨盤が歪んだからO脚や腰痛になるのかは難しいところですが、いずれにせよO脚は善しなければならないものです。

O脚を矯正していくためには、どうしたらいいのでしょうか。インターネットだけでなく、書籍などでも、O脚の矯正に関する内容がよく掲載されています。そういったものを参考に、O脚を矯正していくのも方法ですが、うまくいかない場合もあるので、一度であきらめずに他のよりよい方法を探して見ましょう。

O脚になってしまうということは、誰にでも起こりうることです。ハードなスケジュールの連続で不規則だったり睡眠時間が短かったりすると知らず知らずに変な姿勢になっていて、骨盤に異常をきたしたりすることが、O脚を引き起こす要因のようです。私はO脚でしたが、実はあまり真剣に治そうと考えていませんでした。当時O脚で悩んではいても、O脚だから困るということが特になかったからです。これは大きな思い違いでした。

O脚には正座がとことんないと言う感覚もありますが、本当のところはどうでしょう、不自然な出方を積み重ねることでO脚になるというのはどうも本当のようです。O脚の原因は脚が開いて切るのではなく、からだ全体がねじれているのが原因のことがほとんどです。つまり骨盤等が歪んでからだ全体のバランスが崩れているのです。だからできる限り早く矯正するとともに、原因を取り除いてあげることが必要です。O脚は、体の不具合の色々な症状に影響して行くようです。たとえば女性の多くが悩んでいる冷え性などもそうです、冷え性改善にも、O脚改善のマッサージやストレッチを活用されるのも良いかもしれません。